レンタルサーバー選びの迷いを解決!全力サポートします

Google or AdMax Promotion (srv)

早速ながら当サイトをミニバード(minibird)サーバーに移転しました

      2015/05/02

サイトを公開して2週間弱のまだまだ誰も訪れることのない当サイトですが、
当初は100円サーバーにてサイト公開を行っていましたが、
早速、ミニバード(minibird)へサイトを移転しました。

ミニバード(minibird)の利用手順などは以下でご紹介しています。

 

ミニバード(minibird)へ移転した経緯

当初、利用していた100円サーバーでしたが、
特に可もなく不可もなくと思っていましたが、やはり制約が厳しく、
当サイトを運営していくには合わない環境であることから移転するに至りました。

  • データ容量が300MB
  • 月間利用帯域が3GB

 

この2点で当サイトでは画像を多く利用するとともに、
検証したレンタルサーバーの数だけ投稿が増えていくというコンテンツ題材であることで、
移転直前の現時点でも既に199MBを利用してしまっていました。

また月間の帯域幅もそんなに利用した覚えはないのですが、
中国系のクローラアクセスが頻繁だったのか(今はブロック済み)、
既に1.56GBを利用してしまっていました。

01_100円サーバーの容量と帯域幅制限

100円サーバーの容量と帯域幅制限

 

月間の帯域幅ではGoogleのクローラアクセスなどの、
実際のユーザーアクセス以外もカウントされているようです。
(当然ですが)

その為、初回に「Fetch as Google」などを利用したこともあり、
あっという間に半分を利用してしまいました。

ちょっと、こうしたことを心配するのもしんどいので、

サクッと一旦はサイトを移転してしまってから、
100円サーバーをもっとライトなコンテンツで利用することにしました。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (srvpos)

サーバー移転の流れ

サーバーの移転ではコンテンツ数が少ないので、
phpMyAdminやFTPクライアントで直接ファイル移転をしても十分ですが、
せっかくなのでVaultPressで自動バックアップしていたバックアップデータを用いて、
新しいサーバー側への移転を行いました。

同一ドメインの引っ越しの為、今回はすべて手動による作業になりました。

以下で実際の移転プロセスをご紹介しています。
ご興味がおありでしたらどうぞ。

 

さいごに

サイトの移転は億劫で面倒な作業ではありますが、
実際にやってしまえばそんなに面倒でもありません。

ただ肥大化したデータベーステーブルなどがあるような場合には、
少し面倒なことに出会うこともあります。

ただサーバー選定と移転は常にセットになってしまいがちです。

将来的な引っ越しを避ける意味でオーバースペックの高価なサーバーを
最初から選ぶという方法も一つの選択肢だとは思いますが。

私も1,600円台のサーバーを最初から利用してある意味無駄な費用をかけていましたが、
おかげで1年以上引っ越しすることなく利用できています。
(月間20万PVで、20GB/月の帯域を消費する程度の規模です)

そろそろもう少しレスポンスのいいサーバーを探したいなと思っているのも事実です。

 


AdMax Promotion

 - お知らせ

コンテンツナビ
すべて展開 | すべて省略

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

QRコードからもこのURLを開けます。


  関連記事

eye_wordpress
WordPress4.0日本語版が公開されたのでインストールしました

つい先日までWordPress4.0の日本語版がサイト上に公開されていませんでし …

eye_minibird
minibird(ミニバード)サーバーの操作手順をアップしました

minibird(ミニバード)サーバーは、 月額当たり250円でレンタルサーバー …

eye_rensrv-site
「無料レンタルサーバ(格安・有料)情報のレンサバ.com」サイトをオープンしました

本日より「無料レンタルサーバ(格安・有料)情報のレンサバ.com」サイトをオープ …