レンタルサーバー選びの迷いを解決!全力サポートします

Google or AdMax Promotion (srv)

WebMatrix(ウェブマトリックス)の起動とWordPressローカルインストール

WebMatrix  (ウェブマトリックス)をダウンロードしてインストールすると、
もうローカル環境でWordPressをインストールする準備が整っています。
別途MySQLのインストールは行う必要はありますが、
Webサーバー(ApacheやIIS)などを個別にインストールすることなく、
ローカル環境(開発環境)を構築することができます。
ここではローカル環境にWordPressをインストールする手順をご紹介します。

 

WebMatrix(ウェブマトリックス)の起動とWordPressローカルインストール

WebMatrix  (ウェブマトリックス)のインストールを完了すると、
スタートメニューに[Microsoft WebMatrix]が追加されています。

[Microsoft WebMatrix]をクリックしてWebMatrixを起動します。

01_スタートメニューのWebMatrix選択

スタートメニューのWebMatrix選択

 

なお、WordPressのインストール前にローカル環境に対して、
MySQLのインストールを済ませておく必要があります。

ローカル環境にMySQLをインストールする手順は以下でご紹介しています。

 

WebMatrixを起動すると初回はWindows Azureの無料試用案内が表示されます。
[後にする]をクリックすることで登録をスキップすることができます。

02_WindowsAzure無料試用案内・後にする

WindowsAzure無料試用案内・後にする

 

[後にする]をクリックすると起動ページが表示されます。

03_WebMatrix起動ページ

WebMatrix起動ページ

 

起動ページの各ボタンをクリックするとメニューが表示されます。

個人用サイト

04_起動ページ・個人サイト

起動ページ・個人サイト

 

新規

05_起動ページ・新規

起動ページ・新規

 

開く

06_起動ページ・開く

起動ページ・開く

 

WordPressをインストールするには[新規]-[アプリ ギャラリー]をクリックします。

07_新規・アプリギャラリー

新規・アプリギャラリー

 

アプリギャラリーからは多くのアプリを簡単な手順でインストールできます。

左上にWordPressが表示されていますがこちらは英語版です。

08_アプリギャラリー選択肢

アプリギャラリー選択肢

 

アプリギャラリーをスクロールして、
中ほどの[WordPress 日本語版パッケージ]をクリックして選択します。

09_WordPress日本語版の選択

WordPress日本語版の選択

 

[WordPress 日本語版パッケージ]を選択したら下部のサイト名を適宜変更します。

10_サイト名の編集

サイト名の編集

 

サイト名をここではwordpressに変更し[次へ]をクリックします。

11_サイト名の確定と次へ

サイト名の確定と次へ

 

インストールするパッケージの概要が表示されます。
[次へ]をクリックします。

12_パッケージ概要の表示

パッケージ概要の表示

 

初めてWordPressをWebMatrixでインストールする場合には、
データベースの選択とrootパスワードの入力を求められます。

以後WordPressの追加時にはこの画面は省略されます。

MySQLを選択して、rootユーザーのパスワードを入力します。
入力が完了したら[次へ]をクリックします。

13_ローカルのデータベース選択とrootパスワード

ローカルのデータベース選択とrootパスワード

 

ライセンス条項を一読し同意します。

14_ライセンス条項に同意

ライセンス条項に同意

 

すぐに必要なパッケージのダウンロードが開始されます。

15_必要パッケージのインストールプログレス

必要パッケージのインストールプログレス

 

パッケージのインストールが完了すると、
WordPressの認証用ユニークキーの入力ダイアログが表示されます。

この設定は後からでも変更でき[次へ]をクリックするとスキップできます。

16_WordPress認証用ユニークキーの入力

WordPress認証用ユニークキーの入力

 

認証用ユニークキーはwp-config.phpに設定するキーを示しています。

17_WordPress認証用ユニークキーwp-config.php

WordPress認証用ユニークキーwp-config.php

 

wp-config.phpに記載されているURLで認証用ユニークキーは生成・取得できます。

18_WordPress認証用ユニークキーの生成

WordPress認証用ユニークキーの生成

 

WordPressの認証用ユニークキーの入力またはスキップすると、
すぐにWordPressがWebMatrixへインストールされます。

19_WordPressインストールプログレス表示

WordPressインストールプログレス表示

 

インストールが完了すると作成されたデータベース名やパスワードなどが表示されます。
この設定は既にwp-config.phpに設定されています。

[OK]をクリックしてインストールを完了します。

20_インストールの完了とMySQLユーザー名表示

インストールの完了とMySQLユーザー名表示

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (srvpos)

WebMatrix(ウェブマトリックス)のアプリ画面

インストールが完了するとWebMatrixにWordPressファイルが表示されます。

21_WebMatrix起動とWordPress表示

WebMatrix起動とWordPress表示

 

この時点ではまだWordPress自体のインストールが済んでいませんので、
上部のメニューから[実行]をクリックします。

22_WebMatrixサイト実行とWordPressサイト表示

WebMatrixサイト実行とWordPressサイト表示

 

ブラウザが起動しWordPressのインストールプロセスが表示されます。

なお、表示されるURLは「localhost:任意のポート」で実行されます。
その為、他のWebサーバなどを利用時にも共存することができます。

必要情報を入力し[WordPressをインストール]をクリックします。

23_WordPressインストールプロセス

WordPressインストールプロセス

 

すぐにインストールが完了されます。
[ログイン]をクリックします。

24_インストール完了とログイン

インストール完了とログイン

 

ログイン画面に入力したユーザー名・パスワードを入力しログインします。

25_ログイン

ログイン

 

すぐにログインされダッシュボードが表示されます。

26_WordPressダッシュボード表示

WordPressダッシュボード表示

 

サイトの表示も確認できます。

27_WordPressサイト表示

WordPressサイト表示

 

このようにして、WordPressをすぐにローカル環境に構築し、
開発環境を準備することができます。

 

なお、wp-config.phpファイルを開くと、データベースの設定が行われています。

28_wp-config.phpの表示

wp-config.phpの表示

 

ローカル環境のMySQLを開いても作成されたデータベースが確認できます。

29_作成済みデータベース

作成済みデータベース

 

さいごに

WordPressに限らず、Webアプリケーションをローカル環境に構築するには、
Apacheのインストールやローカルドメインの割り当てなど、
意外と面倒な手順が必要になったりします。

そうした、ローカル環境を簡単に構成できる点が、
WebMatrixで開発を行うことの大きなメリットのように思います。

初めてWordPressを始める際には、とても便利な環境だと思います。

 


AdMax Promotion

公開日:

コンテンツナビ
すべて展開 | すべて省略

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

QRコードからもこのURLを開けます。