レンタルサーバー選びの迷いを解決!全力サポートします

Google or AdMax Promotion (srv)

WordPress設定ファイル(wp-config.php)の準備

WordPressのファイルをダウンロードしたら、インストール先のサーバー環境に合わせて、
データベース接続設定などをアップロード前に行います。
ここでは設定ファイル(wp-config.php)を作成・設定する手順についてご紹介します。

 

WordPressの設定ファイル準備の前にインストールするWordPressのダウンロードが必要です。

 

WordPress設定ファイルの準備

WordPressのディレクトリを開くと「wp-config-sample.php」ファイルがあります。

06_wp-config-sample.php

wp-config-sample.php

 

「wp-config-sample.php」ファイルの中身は以下のようになっています。

 

このファイルをコピーして「wp-config.php」に名前を変更します。

07_wp-config.phpにリネーム

wp-config.phpにリネーム

 

データベース接続情報の設定

「wp-config.php」ファイルを編集し、データベース接続情報をそれぞれ設定していきます。

データベース接続情報部分を編集します。

 

言語指定

WordPressを利用する言語の指定はWordPressの日本語版をインストールした場合は、
自動的にwp-config.phpに指定されています。

国際版をダウンロードしたり、レンタルサーバーの自動インストール機能などで、
英語版がインストールされた場合には以下の設定で日本語化を行います。

なお、この設定はWordPress4.0以降では利用されず、
インストール時に言語を画面選択して自動的に言語ファイルがダウンロードされインストールされます。 

 

次に認証用ユニークキーを設定します。

認証用ユニークキーの設定

認証用ユニークキーは「wp-config.php」内部に記載されているURLから取得します。

URL: https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

認証用ユニークキー取得URLにアクセスし、ユニークキーを表示します。
URLにアクセスすると以下のように都度キーが生成され表示されます。

08_認証用ユニークキーの生成と取得

認証用ユニークキーの生成と取得

 

表示されたキーをコピーして、「wp-config.php」に貼りつけます。

 

「wp-config.php」の編集が完了したら、

必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存 します。

保存が完了したらFTPクライアントからWordPressのファイル全体をアップロードします。

 

FTPクライアントを利用したアップロード手順は以下でご紹介しています。

 


プロモーション

Google or AdMax Promotion (srvpos)

公開日:
最終更新日:2014/09/06

コンテンツナビ
すべて展開 | すべて省略

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

QRコードからもこのURLを開けます。